【韓国ドラマ】恋の相手は上司!? 初恋!? 財閥令嬢!? 「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」

今回はDlifeで放送中の韓国ドラマ「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」をご紹介します。

「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」のあらすじ

3人の子供達とともに暮らす豆腐屋のスンボン超がつくほどの親バカな父親です。

そんな彼に育てられた3人の子供達は個性的でした。

長女のガンシムは大企業の会長秘書で、長男のガンジェはエリート医師です。

次男のダルボンはそんな姉と兄たちに追いつこうとバイトに明け暮れる就職浪人中の学生で、それぞれが自分の事で精一杯でした。

しかし3人の子供達に思わぬハプニングが起こります。

何と子供に甘かったスンボンが突如、3人を起訴をしたのです。

父親の真意が分からないまま、話はどんどん進んでいきます。

それどころか恋や仕事でも問題が発生し、忙しい毎日がさらに忙しくなるのでした。

「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」の予告

「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」を見る

キム・ヒョンジュのプロフィール

キム・ヒョンジュ
出典:http://youee.org/金贤重郑素敏/

キム・ヒョンジュは1978年4月24日生まれの韓国の女優です。

身長は167cm、体重は48kg、そして血液型はB型だと公開されているプロフィールには記載されています。

高校在学中にファッション雑誌のモデルとして活躍した彼女はその後檀国大学校演技映画科に入学、1996年のキム・ヒョンチョルのミュージックビデオで正式に芸能界デビューを果たしました。

この出演をきっかけに注目を集めたキム・ヒョンジュは1999年のドラマ「青春」や2000年のドラマ「最後の戦争」など女優として順風満帆に活動しています。

2009年には「ヒョンジュの手で作る話」というエッセイ集を出版しました。

出演した最新作は「家族なのにどうして」です。

キャスト紹介

子供たちを突然起訴した豆腐屋の父親のスンボンユ・ドングンが、敏腕な社長秘書として働く長女のガンシムキム・ヒョンジュが演じています。

そんな長女と同様にエリート医師になったクールな次男のガンジェ役にはユン・パク、反対に問題児扱いされている次男のダルボンにはアイドル出身のパク・ヒョンシクが抜擢されました。

パク・ヒョンシク
出典:http://www.tvlife.jp/entame/46741

それから変人な常務のテジュキム・サンギョンが、能力は悪いものの愛嬌がある長男の嫁のヒョジンソン・ダムビが、そして次男を一途に慕う純朴なソウルナム・ジヒョンがつとめています。

ナム・ジヒョン
出典:http://lemonsperk.com/post-2662-2662

また次男の幼馴染でありソウルの将来を誓った本当の相手でもあるウノ役を演じているソ・ガンジュンの他に出演しているキャストはヤン・ヒギョンキョン・ミリなどです。

「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」の見どころは?

このドラマの見どころは安定したストーリーと高い共感性です。

家族のもめ事を中心にした作品は数多いですが「家族なのにどうして」では家族だけでなく、恋愛や仕事など人生に欠かせない問題にもスポットライトを当てています。

その誰もが抱えている問題は強く共感させ、また安定した展開は視聴者に楽しさだけを提供しているので人気が高いです。

基本的に子供たちが主役ですが、後半で明らかになる父親の真意を知れば父親にも共感できます。

言わば全体的に年代関係なく楽しめるというわけです。

「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」を見る