【韓国ドラマ】妾の子から王の主治医に上り詰めた実在の名医「ホジュン~伝説の心医~」

今回はBS12 トゥエルビで放送中の「ホジュン~伝説の心医~」をご紹介します。

「ホジュン~伝説の心医~」のあらすじ

主人公のホ・ジュンは軍官の父親と身分の低い側室との間に生まれた青年で、その出生から自暴自棄な生活を送っていました。
彼はある日イ・ダヒという女性と出会い恋に落ちますが、身分の違いから結婚を諦めて母親と共に山陰に向かいます。

そこでユ・ウィテという名医の存在を知った彼は弟子入りを志願し、医者としての腕を磨いて行きました
ダヒはそんなジュンを追って山陰までやって来て、再会した二人はついに結婚を果たします。

そして、妻と母親に助けられながら、ジュンは苦難を乗り越えて偉大な医者への道を歩んで行きます。

「ホジュン~伝説の心医~」の予告

ホジュン~伝説の心医~」を見る

キム・ジュヒョクのプロフィール

キム・ジュヒョク
出典:http://oetatu.xyz/archives/176

この作品で主人公を演じたキム・ジュヒョクは、俳優のキム・ムセンを父に持ち、1972年の10月3日に誕生しました。
東国大学校演劇映画科を卒業しては彼は、1998年に芸能界にデビューします。
デビューしてすぐに二世俳優として注目を浴びるようになった彼は、1999年に放映されたカイストを皮切りに、2005年のプラハの恋人、2008年のテロワール、2012年の武神など、数多くのテレビドラマに出演して大きな人気を博します。

キム・ジュヒョク
出典:http://k-plaza.com/2017/10/kim-joo-hyuk-5.html

また、2006年の「愛なんていらないや」、2015年の「ビューティー・インサイド」など映画にも積極的に出演しました。
そのように順調な俳優人生を送っていた彼は、2017年の10月30日に交通事故に遭い、45歳の若さでこの世を去ってしまいました

キム・ジュヒョク
出典:https://saeriho.com/kim-jyuhyok/

「ホジュン~伝説の心医~」のキャスト紹介

この作品でヒロインの一人である、ウィテの養女イェジンを演じたのはパク・ジニです。
彼女は1978年の1月8日に生まれ、幼少時代から合唱団に所属して芸能活動を行っていました。
1997年にテレビドラのドラマのスタートで女優としてデビューした彼女は、その後数多くの映画やドラマに出演する人気女優へと成長しました。

もう一人のヒロインと言えるダヒを演じたのはパク・ウンビンです。
彼女は 1992年の9月4日生まれなのでまだ年齢は若いですが、1998年から子役活動を始めて多くの作品に参加しているため経験は豊富で、その演技力は高く評価されています。

また、この作品にはナムグン・ミンというイケメン俳優も参加しており、ウィテの息子ドジを演じています。

「ホジュン~伝説の心医~」の見どころ

この作品の見どころは、韓国の歴史に名を残す伝説的な名医であるホ・ジュンの人生を、波乱に満ちたドラマチックなストーリーで描き上げていることです。
また、それほど有名な実在の人物を見事に演じ切ったキム・ジュヒョクの演技も要注目です。

2017年に急逝してしまった彼の在りし日の姿が見られるという点も、この作品の大きな見どころとなっています。
そんな彼の脇を固める、豪華俳優陣の華のある姿や確かな演技力も見逃せません。

「ホジュン~伝説の心医~」を見る