【台湾ドラマ】日本で活躍するディーンフジオカ出演!台湾で視聴率No.1!鉄板要素100%の王道ラブコメ「王子様をオトせ!」

今回は台湾ドラマ「王子様をオトせ!」をご紹介します。

「王子様をオトせ!」のあらすじ

ある日のこと、リャンリャンが住んでいる家に突然現れた男は、家を買い取ったと言って転居するよう命令します。

突然の出来事に驚きを隠せない彼女ですが、家賃を前払いしているので住むことができると反論します。

しかし相手も一歩も譲らないことから、同じ屋根の下で不思議な共同生活が始まるのでした。

実はその男の正体は彼女が勤めている企業の新社長だったのです。

初出社で会社にやってきたチー・イーは、社内での恋愛禁止を通達して、社員達は驚きと反感を覚えます。

リャンリャンは恋愛禁止に強く反発することで、発令を撤回する為の行動を始めます。

「王子様をオトせ!」の予告

「王子様をオトせ!」を見る

アーロンのプロフィール

アーロン(炎亞綸)台湾生まれで台湾育ちのマルチタレントです。

肩書は俳優や歌手などですが、本業は台湾の人気アイドルグループ、飛輪海のメンバーの一人です。

2004年のデビュー以来、次々とドラマの役を獲得することで、俳優としてのキャリアを積み重ねます。

誕生は1985年11月20日のことで台湾台北市内で生まれています。

身長179cmに体重62kgと高身長で引き締まったスタイルが魅力的です。

甘い容姿と相まって、地元での人気は高く多くのファンから愛されます。

アーロンには特技があって、それは台湾語に中国語や日本語と英語なども話せるマルチリンガルです。

コミュニケーション能力がとても高いので、海外にもファンが多く日本でも知られています。

キャスト紹介

アーロン(チー・イー役)
出典:https://yappiblog.com/2018/04/13/taiwanaaron/

GAZE社のCEOチー・イー役にはアーロンヒロインのチェン・リャンリャン役パフ・クオが務めます。

パフ・クオ(チェン・リャンリャン役)
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11156714681

彼の元婚約者で、現販促マネージャーのティン・ジャーユライラ・リンが、企画部に勤めるリャンリャンの同僚にはキャサリン・ワンが抜擢されます。

ライラ・リン(元婚約者のティン・ジャーユ役)
出典:http://www.styletc.com/people/20180419001857-330302

キャサリン・ワン(リャンリャンの同僚役)
出典:https://www.imdb.com/name/nm1997651/

チー・イーのライバル、ディーン・カミヤ役には日本でも活躍している、ディーンフジオカが演じています。

ディーンフジオカ(ディーン・カミヤ役)
出典:https://ourage.jp/column/topics/137943/

チー・イーの父親役にはシェン・モンシェンが、母親役にはシエ・チョンヌアンの配役です。

シェン・モンシェン(チー・イーの父親役)
出典:https://www.flickr.com/photos/settv/12066241625

シエ・チョンヌアン(チー・イーの母親役)
出典:https://www.imdb.com/name/nm6703679/mediaviewer/rm998968320

台湾を代表する俳優陣達と、魅力的なキャストが名前を連ねているので、本作は完成度の高い台湾らしいドラマになっています。

監督の郭春暉脚本を務める張綺恩と李婕瑀など、実力のあるスタッフで固められていることも、作品の魅力を引き出しているポイントです。

「王子様をオトせ!」の見どころは?

見どころはアーロンが演じる甘いマスクのCEOと、突然一緒に暮らすことになった、部下のリャンリャンの関係です。

行き成り接点を持つことになったり、交流が始まるなど唐突ですが、戸惑いながらも距離感が縮まっていく様子に要注目です。

恋敵を演じるディーンフジオカも、日本での活躍とはまた違った魅力的な役が見どころです。

チー・イーには潔癖の欠点があることから、社内で恋愛禁止令を出しますが、潔癖症を乗り越えて恋に発展していく流れからも目が離せないです。

「王子様をオトせ!」を見る