【韓国ドラマ】最高視聴率25.3%!すべての女性が憧れるNo.1シンデレラ・ラブコメディ!「雲が描いた月明かり」

今回はBS-TBSで放送中の韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」をご紹介します。

「雲が描いた月明かり」のあらすじ

ホン・ラオン幼少期から男装をして暮らし人の恋愛相談にアドバイスをして生きていました。
その恋愛相談の流れで出会ったのは王子であるイ・ヨンでした。

その場はなんとか逃げるホン・ラオンですが、トラブルに巻き込まれた結果、内官試験を受けることになります。

そしてそこでイ・ヨンと再会してしまいます。恋愛相談で騙されたと思い、復讐する思惑を持ってイ・ヨンは彼女を内官へと合格させ、2人は距離を近づけていくというあらすじです。

「雲が描いた月明かり」特集ページ

「雲が描いた月明かり」の予告

パク・ボゴムのプロフィール

パク・ボゴム
出典:http://kdra-bogome.com/category18/

雲が描いた月明かりで主人公イ・ヨンを演じるのは、1993年生まれの俳優パク・ボゴムです。

2011年の映画からそのキャリアをスタートさせ「のだめカンタービレ」や「コインロッカーの女」など、映画ドラマを問わずに有名作や話題作に数多く出演しました。

パク・ボゴム(「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」出演時)
出典:http://www.cinemart.co.jp/article/news/20161215000954.html

そして韓国で根強い人気を誇り、若手スターにとっては登竜門でもある応答せよシリーズの1988に出演し、広くその名前を知られることになりました。
さらにその勢いをそのままにこの作品で主役を掴み取ったことで、トップスターの仲間入りを果たしています。

パク・ボゴム(「応答せよ1988」出演時)
出典:http://jp.mnet.com/program/1663

また2016年にはアジアアーティストアワードで、ドラマ部門のベストスター賞を獲得しています。
十分な実績を持ちながら、これから先にも注目されている俳優さんです。

キャスト紹介

雲が描いた月明かりのキャストは、ほとんどが20代の若手俳優でまとめられていることが特徴です。

ヒロインのホン・ラオンを演じるキム・ユジョン5歳の頃から子役として活躍している女優さんで、この作品で本格的にメインヒロインの座を射抜いています。

主人公イ・ヨンの幼馴染であり孤独な運命の元にある官僚キム・ユンソン役は、アイドルグループB1A4のメンバーでもあるジニョンです。

そしてイ・ヨンの親友であるキム・ビョンヨンは、若いながらも話題作に数多く出演し、注目を集めているクァク・ドンヨン演じます。

またイ・ヨンの妹であるミョンウン王女ぽっちゃりして愛嬌のある見た目が特徴ですが、これはチョン・ヘソン4時間以上の特殊メイクを施されています。

チョン・ヘソン
出典:http://lemonsperk.com/post-3227-3227/2

「雲が描いた月明かり」の見どころは?

雲が描いた月明かりはシンデレララブコメディです。
しかし主人公とヒロインの出会いは良くあるものではなく、男装して男同士であることが特徴的です。

最初の内はホン・ラオンはイ・ヨンが王子様であることさえ知らず、お互いの正体を知らないまま物語が進んでいきます。
主人公のイ・ヨンは男らしさとともに可愛らしさも併せ持つツンデレ王子様です。

そしてヒロインのホン・ラオンは可愛い男装姿と本来の姿があります。
互いに2面性を持ちながら、それぞれ振り回されていく2人の様子が見どころです。

「雲が描いた月明かり」を見る