【韓国ドラマ】チェ・ジウ主演!仕事も恋も諦めない大人のサクセス・ラブストーリー「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」

今回はBSジャパンで放送中の韓国ドラマ「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」をご紹介します。

「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」のあらすじ

弁護士よりも高い能力を有する女性事務長グムジュ(チェ・ジウ)その敏腕を奮って活躍しているものの、
試験恐怖症によって弁護士になることができなかったという悲しい過去を持つ女性でした。

仕事をする中で無実の少年を救うため奔走するが、陰謀に巻き込まれてしまい、名声と仕事、大切な夫まですべてを失ってしまいます。ある時、ゴシップニュース会社の代表を務めるハム・ボッコ(チュ・ジンモ)裁判関係の仕事でグムジュを頼ってくることからストーリーが始まります。

「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」の予告

チェ・ジウのプロフィール

チェ・ジウ「冬のソナタ」の大成功によって日本でも大ブームを引き起こした韓国の大女優です。
国内のみならず日本や中国といった国々にもファンが多く外見の美しさのみならず演技力には高い評価を得ています。

チェ・ジウ
出典:http://total-krdorama.com/278.html

日本や中国の合作映画にも多数出演し、国際的な女優としての地位を確立しました。
「冬のソナタ」で日本において人気を博すようになると、2004年日韓国交正常化40年の年に「日韓友情年」の諮問委員会の韓国代表の広報大使に選ばれました。

韓国語のみならず、英語と少しの日本語を話すことから、日本でのインタビューでは日本語を話す様子がしばしばみられています。
その美しい美貌から泣きの演技に高い評価を受けている女優でもあります。

キャスト紹介

「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」では豪華なキャストがみている人々の目を奪います。

「冬のソナタ」にて国際女優の名を欲しいままにしたチェ・ジウが、腕は良いが司法試験に5回も落ちてしまい現在は事務長として弁護士事務所で敏腕を振るうチャ・グムジュ役を演じます。
美しさの中にも少し影があるのは、そういったつらい過去を抱えているからにほかなりません。

アジア圏における実力派の俳優として知られるチュ・ジンモは、現在はゴシップニュース社の代表を努め、かつては検事という異色の経歴を持つハム・ボッコ役を演じます。

チャ・グムジュがハム・ボッコのセクハラ事件を担当することによって二人の大人の恋が錯綜していくドラマです。

「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」の見どころは?

このドラマの見どころは、チェ・ジウ演じるチャ・グムジュの法律の仕事を中心として恋やサスペンスドラマが動いていくところです。

韓国ドラマにありがちな主人公であるヒロインと相手役の俳優ははじめはライバル関係にありますが、
ある事件をきっかけにお互いを信頼し合い、恋愛関係へと発展していきます。

ハム・ボッコは性的暴行事件をなすりつけられそうになるものの、グムジュの力を借りて困難を乗り越え、お互いに意識し合うようになります。

「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」を見る