【韓国ドラマ】韓国中を震撼させた母と娘の壮絶な復讐劇「シンデレラの涙」

今回は韓国ドラマ「シンデレラの涙」をご紹介します。

「シンデレラの涙」のあらすじ

韓国ドラマのシンデレラの涙ソンタンとチャヨンが兄妹のように児童養護施設で育てられていたところから始まります。
ある日、養護施設が火災に遭い2人は、そのことで原因で離れ離れになってしまうのです。

祖母に育てられ高校生となったチャヨンは、同級生に自分で作成した予想問題集を売って生計を立てていました。
その一方でソンタンは養子として財閥の家庭に引き取られますが、頭を事故で打ち記憶喪失になってしまうというのがあらすじです。

「シンデレラの涙」の予告

ホン・アルムのプロフィール

ホン・アルムは身長が163センチメートルで、生年月日は1989年の3月28日となっています。
特技や趣味はリズム体操で血液型はAB型です。ソウル芸術大学の演技学科を卒業していて、メープルストーリーというゲームのコマーシャルで2006年にデビューしています。

「軽い眠り」という作品で2008年にスクリーンデビューを果たしたのです。日韓特集ドラマである大阪ラブ&ソウルこの国で生きることで2010年に日本に進出をしました。

2015年に行われた黄金撮影賞授賞式では新人女優賞を獲得している実力派の女優さんです。
大ヒットした夢見るサムセン」というドラマに出演していて、シンデレラの涙では母に対して復讐するチャヨンという役を演じています。

キャスト紹介

シンデレラの涙でシンデレラデパート社長で主人公と愛憎劇を繰り広げるユ・ソンギョン役パク・チヨン氏が演じます。

そして、ソンギョンの実の娘であるユン・チャヨン役ホン・アルム氏が演じているのです。

また、イ・ギヒョンというチャヨンの幼馴染み役ソ・ジュニョン氏が演技をするのですがイ・ギヒョンはストーリーの途中で記憶を失いチャ・ソンタンという名前で暮らしている時期があります。

チン・ジェインというチャヨンの同級生であり、ソンギョンの娘でもある役柄を演じるのはユンソ氏です。
貯蓄銀行の社長でありギヒョンの養父でもあるイ・ドヨプ役イ・ジョンウォン氏が演技をしています。

これらがシンデレラの涙のキャスト陣です。

「シンデレラの涙」の見どころは?

シンデレラの涙は、自分を産んだ母親に2度に亘って捨てられてしまうという事実を知ることになった娘が復讐を果たしていくところと、
娘であることを知っておきながらも自分自身の欲望を満たすために自分の腹を痛めて産んだ娘と戦うことを選び火花を散らすところが見どころになります。

エゴイズムな母親の暴走した母性愛と戦いながら運命を切り開いていくユン・チャヨンの姿を見て天国が持っている意味を視聴者に考えさせてくれるドラマです。

「シンデレラの涙」を見る