【韓国ドラマ】複雑に絡み合った人間関係が生み出す愛憎復讐ドラマ「私の婿の女」

今回は現在TOKYO MX1で放送中の韓国ドラマ「私の婿の女」をご紹介します。

「私の婿の女」のあらすじ

ジンスク姑との確執によって家から追い出された過去を持つものの、娘のヨンチェとともに幸せに暮らしていました。ところがそのヨンチェが孤児院育ちのボクサーのヒョンテを恋人として家に連れてきた事をきっかけに彼女の周辺は変わっていきます。ヒョンテの生い立ちに2人の関係を認めようとしなかったジンスクでしたが娘はすでに妊娠していたので渋々結婚を承諾、そうして3人で同居していくうちに徐々にヒョンテを受け入れるようになっていきました。

しかしその直後、ヨンチェは交通事故で帰らぬ人になってしまいます。

それから数年後、ヒョンテは就職した会社で出会った女性と心を通わせます。彼女の名はスギョン、ジンクスの実の娘でした。

「私の婿の女」の予告

ソ・ハジュンのプロフィール

ソ・ハジュン
出典:http://faep-jp.com/?p=19141

ソ・ハジュンは韓国の俳優で、SHエンターテインメントという韓国の事務所に所属しています。
主要人物であるボクサーのヒョンテ役に抜擢されたソ・ハジュンのデビューは2008年に上演された「死んだ詩人の社会」です。

しかしながら名前が世間に囁かれるようになったのは2013年のドラマ、オーロラ姫からでした。
急展開が見どころなドラマでソ・ハジュンはお金を稼ぐために芸能界に入ったヒロインのマネージャーを演じその演技が好評を呼んで翌年の2014年には映画とドラマに立て続けに出演しました。

そして2016年のドラマであるオクニョでは文定王后の実子にして朝鮮第13代王役に選ばれた事で人気俳優の仲間入りをしたというわけです。

キャスト紹介

パク・スンチョン
出典:https://www.showholic.jp/5747

主人公であるイ・ジンスクを明朗少女成功記や白夜などに出演したパク・スンチョンがつとめています。

ソ・ハジュン
出典:http://japarazzi.jp/seo-hajun

また獄中花やずっと恋したいで人気を博したソ・ハジュンイ・ジンスクの義理の息子であるキム・ヒョンテを、

そのヒョンテと恋人になるKPグループの会長の娘であるパク・スギョンを優雅な女や百年の花嫁などのドラマを代表作に持つヤン・ジンソンが選ばれました。

ヤン・ジンソン
出典:http://korepo.com/archives/163753

それからKPグループ部長でありスギョンの婚約者だったチェ・ジェヨンにはライアーゲームや華政の出演が有名なチャン・スンジョが抜擢されています。

他にもジンスクの元夫であるパク・テホにはキル・ヨンウが、ジンスクの姉のチョン・オクスンにはチャン・ジョンヒがキャストです。

「私の婿の女」の見どころは?

このドラマの見どころは複雑な人間関係がどのように解消されていくか、その過程に尽きます。
主人公のジンスクは時間をかけて義理の息子を受け入れたものの、その息子が数年後に新しい女性を連れてきたので心が揺さぶられます。

亡くなった娘をないがしろにしたような真似をする義理の息子へ簡単に祝福できず
激情の矛先は息子の新しい恋人に向けられますが実はその女性は夫のところに残した自分の子供である事を知ります。

ジンスクの周辺だけでも複雑に事情が絡まっていますが、無論他の登場人物も同様です。
これらの事情が如何にして解消されていくのかがドラマの最大の見どころだと断言できます。

「私の婿の女」を見る