【台湾ドラマ】ツンデレ御曹司と平凡女子の萌えキュン・ラブコメディ!「お昼12時のシンデレラ」

今回は台湾ドラマ「お昼12時のシンデレラ」をご紹介します。

あらすじ


出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/146309/

上海の大企業に就職したシャンシャンはある日、会社からの指示で病院に行くことになったのです。
それは社長・フォン・トンの妹・ユエの輸血のためにRHマイナスAB型という珍しい血液が必要だったからでした。

その後、シャンシャンの元にユエの命を救ったお礼としてフォン・トンから毎日お弁当が届けられることになります。

お弁当を美味しそうに食べ、仕事も一生懸命頑張るシャンシャンの姿にフォン・トンは惹かれていきますが、シャンシャンフォン・トンの親友・ジョン・チーのことが好きだったのです。

そして、そんな二人が徐々に惹かれあって行くことになるというのがこのドラマの大まかなあらすじです。

「お昼12時のシンデレラ」予告

チャン・ハンのプロフィール

チャン・ハン

出典:http://www.recordchina.co.jp/b155586-s0-c70-d0044.html

「お昼12時のシンデレラ」で上海の大企業である風騰グループの社長・フォン・トンを演じて主演を務めているのがチャン・ハンは、1984年10月6日生まれの33歳で中国黒竜江省出身の俳優です。

中華圏のポータルサイトが実施した男性芸能人ランキングでも1位を獲得するなどしており、中華圏で活躍する若手俳優陣の中で最も人気が高い存在として高く注目されているだけじゃなく、近年ではプロデューサーとしても活動しています。

チャン・ハン

出典:https://www.excite.co.jp/News/asia_ent/20170325/Recordchina_20170325013.html

日本の人気ドラマ「花より男子」の中国版である「一起来看流星雨」では、主役の慕容雲海を演じたことや、日本でも「お昼12時のシンデレラ」が放送されたことで、中華圏のみならず日本でも身長183cm体重68kgという抜群なスタイルと端正なルックス、さらに高い演技力に魅了されるファンが増えています。

キャスト紹介

「お昼12時のシンデレラ」は、チャン・ハンが演じている風騰グループの社長・フォン・トンと社員のシャンシャンが恋に落ちるラブストーリーです。

そして、その重要なヒロイン役を演じているのが「高視聴率女王」とも言われたチャオ・リーインで、2大若手俳優の夢の共演作品として多くの注目を集めました。

チャオ・リーイン

出典:http://cm-models.com/5726.html

そのほかのキャストは、2人を結びつけるきっかけとなったフォン・トンの妹であるフォン・ユエチャンヤン・グオアルが、シャンシャンの憧れの人でフォントンの親友かつ右腕的存在であるジョン・チーホアン・ミンが、そのジョン・チーが想いを寄せる相手でありフォン・トンのことを一途に片思いし続けているリーシューリー・チョンユアンが演じて脇をしっかりと固めています。

チャンヤン・グオアル

出典:http://hualiu.yapy.jp/actor/2041/image/?image_no=0

ホアン・ミン

出典:http://hualiu.yapy.jp/actor/1378/image/?image_no=0

リー・チョンユアン

出典:http://loveyoocg-2.seesaa.net/article/419966711.html 

見どころは?


出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/146309/

「お昼12時のシンデレラ」は、中国で人気となった有名小説が原作になったドラマです。

そのため、このドラマの見どころは、大企業の社長であるフォン・トンがひたむきに仕事を頑張る一社員のシャンシャンに惹かれ行く様子と、最初こそジョン・チーに惹かれていながら徐々にフォン・トンの優しさに魅了されていくシャンシャンが恋に落ちていくというストーリー展開全体です。

財閥系大企業の社長と一社員という身分の違いから、簡単には恋が成就することはありませんでした。
そして、この紆余曲折がドラマをさらに面白くしているのです。

「お昼12時のシンデレラ」を見る