【台湾ドラマ】2015年中国版エミー賞10冠獲得の大ヒット作!「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」

今回は台湾ドラマ「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」をご紹介します。

あらすじ


出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/203834/

南北朝時代をモデルにした梁の都では後継者争いが激化しています。
皇太子第5皇太子は、情報組織から天下を得るための情報を得ます。

その情報とは麒麟の才子を得たものが天下を得るというものです。
麒麟の才子とは梅長蘇のことで、皇太子第5皇太子梅長蘇を獲得しようと必死になります。

2人が探している梅長蘇名前を変えて都に潜入しています。
梅長蘇は謀反の罪で滅ぼされた軍の生き残りで、猛毒により容貌が大きく変わっています。
梅長蘇は罠にはめた者への復讐を果たしに都に戻ります。

「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」特集 

フー・ゴーのプロフィール

フー・ゴー

出典:http://www.recordchina.co.jp/b122773-s0-c70-d0044.html

フー・ゴーは上海で生まれ、2005年に上海の演劇大学を卒業して芸能界に入ります。
出演した作品数は少ないものの、どの作品でも深い印象を残しています。
2006年8月に自動車事故に遭い、再起不能といわれたものの奇跡の復帰を果たします。
復帰した後は優れた作品に出演しますが、2017年に休業してアメリカに留学しファンを驚かせていますが5月に帰国しています。

フー・ゴー

出典:https://pandian.4hw.com.cn/yulepd/20180312/50244.html

フー・ゴーは芸能界から引退しようと考えたことがあったとインタビューで答えています。
将来についての迷いを正直に語っているフー・ゴーですが、これからの活躍を期待する声は多いです。
大ヒットドラマに出演したことで中国だけでなく世界中にファンを持ち、日本でも人気があります。

キャスト紹介

梅長蘇の親友ワン・カイが演じています。

ワン・カイ

出典:https://deskgram.org/p/1734583296832476642_4022716085

ワン・カイは演じることに興味を持っていたものの、高校を卒業した後は親に説得されて書店で働きます。
演技への欲求が絶ち難く、親には内緒で本屋を退職して北京の演劇学校に入ります。
卒業後は人気ドラマに出演して広く知られるようになります。

梅長蘇の幼馴染の許婚役リウ・タオです。

リウ・タオ

出典:http://www.yangqiu.cn/jxnihao/1347633.html

リウ・タオは1978年に江西省で生まれています。
文芸兵として在籍した過去があり、除隊後に大学に入学して法律を学びます。
2000年にテレビドラマに出演して芸能界に入り、ドラマでキャリアを積みます。
2008年に一般男性と結婚して芸能界を引退しましたが、2010年から芸能活動を再開しています。

梅長蘇の正体を知る禁軍の将軍を演じるのはチェン・ロンです。

チェン・ロン

出典:http://big5.huaxia.com/thpl/tbch/tbchwz/11/4619538.html

チェン・ロンは1976年に上海で生まれています。
上海の演劇学校で演技力を磨き様々な作品で存在感を出しています。

見どころは?


出典:https://tv.rakuten.co.jp/special/rouyabou/

この作品は中国版のエミー賞で10冠を獲得した大ヒットドラマです。
ドラマの舞台は架空の時代で、皇位をめぐる激しい権力争いが大きな見どころとなります。

俳優も脚本も素晴らしく、様々な人物が入り乱れる宮廷復習劇は大きな反響を呼びます。
2015年度の中国ドラマの中で最高傑作と呼ばれている作品で、中国以外でも高い評価を受けています。

インターネットでの視聴数は60億回という驚きの数字です。
韓国でも放送当初から高視聴率をマークし、日本でも多くのファンを獲得しています。

「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」を見る