【韓国ドラマ】愛と闘いを壮大に描いたエンターテインメント・ロマンス史劇「奇皇后」

BS日テレで2018年4月1日から放送が始まっている韓国ドラマ「奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~」。
放送が始まったので奇皇后(きこうごう)のご紹介をします。

あらすじ

幼い頃、貢女として元に運ばれる途中で母と逃げ出したスンニャン。
だが、母は追手に殺され、逃げのびたスンニャンは男として生きることを決め、親元派の重鎮ワン・ゴに仕え、彼が最も信頼する手下へと成長する。
弓などの武術に長けたスンニャンはチンピラたちのボスとしてその名が知られるようになるが、そこに別のグループのボスであるワン・ユが勝負を挑む。
実はこのワン・ユこそ高麗の王子なのだが、実質的な権力者であるワン・ゴの目を欺くために放蕩な生活を送っていた。
いがみ合うスンニャンとワン・ユだが、2人はワン・ゴが手を染めている塩の密売事件を巡って協力し合うことで、互いの素性も知らぬまま絆を深めていく。

この事件の後、ワン・ユは王に即位し、一方のスンニャンは手下が盗んだ指輪から自分の父親が巡軍万戸府の万戸長だと知る。
武術に自信のあるスンニャンは兵登用試験に応募し、自分の正体を明かさずに見事に合格。
その武術の腕前から父親の側近に抜擢される。

ある日、元から皇太子のタファンが流刑で高麗にやってくることに。
巡軍万戸府はタファンの護衛を任せられることになり、スンニャンもそれに同行する。
元の権力者から命を狙われているタファンとスンニャンは運命的な出会いを果たす。
スンニャンはワン・ユと再会し、彼が高麗王であることを知り驚愕するが、ワン・ユはスンニャンにタファンから片時も離れるなと密命を下す。

ワン・ユの失脚を目論むワン・ゴは、タファンが高麗で死ねば、その責任を問いワン・ユを退位に追い込めると考え、タファン暗殺に加担する。
タファンはスンニャンの助けで間一髪で危機を乗り越えるが、陰謀によりワン・ユは退位させられる。
スンニャンはタファンの裏切りにより父を亡くしてしまい、彼への復讐を誓う。

ワン・ユとスンニャンは貢女とともに元に送られ、その途中でスンニャンが女性であることが暴かれてしまう。
元の権力者の娘を娶る約束をしたタファンは、元に戻り皇帝の座に就く。
ワン・ユは戦場の最前線に送られ、スンニャンは皇室でムスリ(下女)となる。
虎視眈々とタファンの命を狙うスンニャン。
しかし、皇后の陰謀に巻き込まれた彼女に次々と試練が降りかかる。彼女は逆境に屈せず、自らの運命を切り開いていく。

「奇皇后」特集サイトはコチラ

作品詳細

・監督:イ・ソンジュン
・ジャンル:時代劇
・制作年:2013年
・制作国:韓国
・話数:全51話

出演者

・ハ・ジウォン
・チュ・ジンモ
・チ・チャンウク
・ペク・ジニ
・キム・ジハン(チン・イハン)
・キム・ヨンホ
・ユ・イニョン
・クォン・オジュン
・チョン・ウンイン
・ユン・アジョン

レビューまとめ

数年前に一度観、最初から中垂れすることなく最後までみれた。思い出して二回目も観て、一週間おき51話を3回目観るはめに。2回目以降からアラが見え始めイヤ気が生じてくるのに主人公が出ないシーンもまんべんなく観れる。実在とあって尚興味がそそる。内容は多少の色付けがあるが史実に近く高麗で3人目の正式皇后になったのも事実であり、その子供が北元の王になったのも史実通り。
切ないほどに2人の男性から命をかけるほどの愛され方をされた女性、スンニャン、スンニャンと片時も離そうとしない元の皇帝、チ・チャンウクの演技も見ものだった。
また、奇皇后の利口さ、さすが大国の後宮数百人にも及ぶ中で愛された女だけある。並大抵では、下に見てる国の皇后にはなれないのは事実であった。

個人的に韓国歴史ドラマの上位に入る作品です!(朱蒙・善徳女王など)
主役の3人の見た目がいいので、あきずに見れます。
恋愛、アクション、宮廷内の陰謀、政権争いなどてんこ盛りで最初から最後までおもしろかったです!

素晴らしい作品です。
衣装やセットの完成度が非常に高く、細部まで本当に美しい作品でした。
ハ・ジウォンさん、チ・チャンウクさんがまた美しすぎて!
芸術作品のようなドラマでした(〃艸〃)

ツイッターまとめ

ハ・ジウォンのプロフィール

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7dFCZWqOFU0

・身長:168cm
・生年月日:1979年6月28日
・趣味/特技:ジャズダンス、合気道、水泳
・体重:46kg
・血液型:A型
・学歴:檀国大学校演劇映画科
・デビュー:1997年KBSドラマ「愛よりもっと大きい愛で」

ドラマ・映画に大活躍!鋭く輝く瞳が印象的な、実力派若手女優本名チョン・ヘリム。
1997年のKBSのドラマでデビューし、「学校2」の熱演で注目を浴びる。
ドラマ中心に活躍してきたが、2000年に『真実ゲーム』『リメンバー・ミー』で映画デビューすると、映画界の新人賞を総なめにし、その才能が高く評価されることに。
その後、日本でも話題となったアン・ビョンギ監督のホラー映画『ボイス』『友引忌-ともびき-』や、クォン・サンウとの共演で話題になった『恋する神父』にも主演するなど、映画・ドラマ双方で大活躍している。

チュ・ジンモのプロフィール

出典:http://koreanewsletter.com/entertainment/5682/

身長:180cm
生年月日:1974年8月11日
趣味/特技:釣り、ギター、音楽鑑賞、テコンドー3段
体重:72kg
学歴:仁川専門大学体育学科中退
デビュー:劇団に入団

すらりと伸びたスタイルと、さわやかで甘いマスクが女性に人気の、実力派若手俳優!本名パク・ジンテ。
劇団に入団していくつかの演劇作品に出演したのち、CM「バッカス」の出演がきっかけとなり、俳優として本格的に活動するようになった。
出世作となった映画『Happy End』では、人妻との恋に落ちる青年役を演じて話題を呼んだ。
2001年には大型時代映画『MUSA-武士-』で将軍役を、恋愛映画『ワニ&ジュナ~揺れる想い~』では穏やかな男性役をそれぞれ演じるなど、幅の広い演技で実力派俳優としての地位を高めた。